エコ・省エネ住宅
人気住宅会社一覧

埼玉中央版
  • 蓮田市・上尾市
    (株)プレスト・ホーム ユニバーサルホーム上尾店・川越店

    地球と家計にもやさしい省エネ生活

    地熱を利用した地熱床システム、断熱性に優れた高性能外壁材ALC、この2つのテクノロジーが大きな相乗効果となり、一年を通して過ごしやすい快適性を実現します。また自然エネルルギーを活用することで、地球にも家計にもやさしい住まいです。
     
    【 地熱床システム 】
    クリーンで無限の自然エネルギー、地熱を取り入れた自然の冷暖房システムです。夏ひんやり冷たく、冬ほんのり暖かい地熱。「太陽の恵み」と「大地の恵み」を活用して一年中快適な室内環境を実現しています。
     
    豊富な知識と親身な家づくりのアドバイスで、お客様の暮らしを守ります。将来まで見据えた提案が高く評価されています。
     
    ぜひモデルハウスで「地熱床暖房」の快適さを体感して下さい。

  • 春日部市
    株式会社 コダマホーム 一級建築士事務所

    自然の力も取り入れて心地よい住まいづくり

    当社では、設計の際に機械設備に頼るのではなく、自然力(風、光、熱)を考えた設計に心がけています。
    例えば、風が通り抜けるような窓の配置や太陽の角度。夏の太陽は高度が高く、冬の太陽は高度が低いので夏は暑い日差しをカットし、冬は部屋の中まで太陽の光が届き暖かく過ごせるよう考え設計しています。
    さらに太陽光発電システムを搭載する事で、ZEH(ゼロ・エネルギー住宅)も実現できます。

  • 吉川市
    株式会社 ラルゴハウス

    毎月支払うお金は、住宅ローンだけではありません。光熱費もかかっています。

    住宅を購入するということは、賃貸や前お住まいになっていたところでも、もちろん払っていた光熱費もかかってきます。一般住宅4人家族の平均光熱費は、"2万円"だそうです。
    ラルゴハウスでは、エコ住宅・省エネ住宅を設立当初から推進してきました。空気・熱の逃げ道となる、サッシや玄関まわりの工夫や、リビング内階段の間取りには、扉をつけて消費エネルギーを抑える提案等、エネルギーの消費を抑えたご提案を心掛けております。
    エコ住宅をつくるということは、健康な家をつくることに直結します。
    ラルゴハウスでは、現在、北海道基準の断熱性能と同じ基準のモデルハウスが見学できます。
    是非、暑い日・寒い日にお越しくださいませ。

  • 川口市
    R+house 川口東

    省エネ + 長持ち + 地震に強い “建築家とつくる高性能デザイン住宅”

    理想的な"夏は涼しく、冬は暖かい住宅"を実現するためには、
    外の暑さや寒さの影響を部屋の中に与えない「高断熱性」を確保することが大切なポイント。
    そして、高断熱な住宅をより快適な状態で長持ちさせるために、「高い気密性」を併せ持つことも重要になるのです。
     
    R+houseの住宅は、このような高気密・高断熱にとことんこだわっています。
    さらに高気密・高断熱の住宅は、冷暖房のランニングコストも抑えてくれるうれしいオマケ付きです。

  • さいたま市
    一級建築士事務所 株式会社ヤマノ

    オール電化住宅 30坪/2階建/4LDKを1480万!

    同じ性能の家であれば「安い方が良い」というのは当然。
    「住み始めてからも、できるだけコストをかけたくない」これも大切。
    ハイスペックな家を賢く建てることが大切です。
    そして、日増しに耳にすることが多くなった大地震発生のリスク。住宅ローンを考えると震災に強くて、経済的な家というのは必須条件となります。
     
    そこで、ヤマノがご提案させて頂く「家づくり」は売電も可能で自家発電する太陽光発電システムと、電力を利用し、大気にある二酸化炭素の熱を利用してお湯をつくるエコキュート、IHクッキングヒーターなどを標準装備とし、最高位の耐震等級3の震災時に強く、環境にやさしい経済的な注文住宅を分譲価格で実現します。
     
    是非、ヤマノの自慢の家をホームページでご覧になってください。

  • 越谷市
    ナチュラルハウス

    ハウスメーカーのエコ住宅は高すぎる!

    いま家づくりを考えている人なら一度は「エコ住宅」という言葉を聞いたことがあるかもしれません。
     
    大手ハウスメーカーでも、盛んに「夏すずしく、冬あたたかい」また「家族の健康を考えたらエコ住宅」など、売り出していっています。
     
    しかし、大手ハウスメーカーのエコ住宅は坪単価70万円近いので、4人家族の平均的な36坪の家は2520万円にもなってしまいます。
    いくら住んでからの光熱費が安くなるとしても、あまりにも高すぎます。
     
    同じような仕様でも、小回りのいい地域密着の工務店で建てれば価格はグッと安くなり、1800万円台で建てることも可能になります。
     
    ナチュラルハウスではこれまで、いい家を安く子育て世代の家族に提供したい思いで取り組んでまいりました。
    これからはさらに、家計にも優しく雪国の冬でも暖かい、家族が健康で一年中快適に過ごせるエコ住宅も積極的に提案していきます。
     
    ぜひ、選択肢のひとつに加えてみてください。 

  • さいたま市浦和区
    パーソナルスタイル

    お財布にも優しい!少ないエネルギーでエコに暮らせる家づくり

    エコや省エネを考えるあまり、自分自身に無理や我慢を強いていることはありませんか。

    例えば、暑いけれど冷房を我慢しよう、寒いけれど暖房を我慢しよう…。ただ、これが過ぎると小さなストレスどころか健康に大きな影響を及ぼすことがあります。

    せっかく家を建てるなら、暑すぎず寒すぎず、できれば快適な温度が少ないエネルギーで実現できる家がいいですよね。そうれば、長期的に見ても冷暖房費が少なくてすみ、お財布にも優しい生活につながります。

    弊社では、少ないエネルギーでエコに暮らせる家を日々勉強しております。その一つがパッシブデザインです。ぜひ一度弊社のホームページをご覧ください。

  • 幸手市
    三陽ホーム レンガ積みの家

    子育て世代に嬉しい「建ててからお金がかからない家」を予算内で実現!

    家屋にかかる費用=建築費だけではありません。建築費はその後、家屋に対して支払うことになるトータル金額からすれば、ほんの一部。実際には、ランニングコスト(光熱費やメンテナンス費など)、税金、各種保険、リフォーム費、建て替え費など、長年にわたり住み続けることでさまざまな費用がかかります。一生の中で家屋に対してどれくらいの金額を支払わなければならないのかをきちんと把握し、「年単価」の経済的な家を建てることこそが、長い目で見た時にお得といえるでしょう。
     
    ランニングコストの面から標準的な木造住宅と比較してみると、耐久性や断熱性などに優れた「レンガ積みの家」はとても経済的なことが分かります。
     
    ぜひ一度、弊社のホームページで豊富な施工実績をご覧ください。

建てたい家テーマから探す

TOP